猫好き主婦の気ままなブログ

猫と育児とその他いろいろ気になる事を記録します

うつ病の夫と楽天家なわたし

スポンサードリンク

先日、ネプチューンの名倉さんが『うつ病』とのことで2ヶ月間の休業を発表されましたね。

実は私の夫もうつ病を患っていて、仕事に行けない時期がありました。

現在はだいぶ良くなったようで仕事には行けていますが、うつ病は再発しやすいので油断は禁物。うつ病の兆候が出ていないかいつもよく観察しています。

 

夫のうつ病遍歴

うつ病は再発しやすいとよく言われますが、確かにわたしの夫は過去に3度もうつ病と戦っています。 

夫が最初にうつ病と診断されたのは高校2年生の時

当時のことはあまり多くは語らないので詳しく聞いたことはないですが、学校に行けず結局中退したらしいです。

きっかけは、怪我で大好きだったバスケができなくなり、部活をやめたことだったようで、こういったちょっとしたきっかけで気分が落ち込み気がついたらうつ病になっていた。ということがあるんですね。

2度目は結婚式の直前

私と付き合い始めて3年弱、仕事も順調でお互いの両親にも挨拶をしそのまま自然な流れで結婚したのですが、結婚式を数週間後に控えていた時夫のうつ病が再発しました。

2人でよく話し合って式は予定通りとり行いましたが、仕事を休職中に結婚式を迎えた為当初の予定よりも小規模での式となりました。

まぁわたしは可愛いドレスが着れればそれだけで満足だったので、特に不満もなく、写真もたくさん撮っていい思い出ができました。

3度目はわたしの妊娠中に

3度目は私の妊娠が発覚して数ヶ月たった頃。

いつも大事な時期に再発する夫・・・。この時は職場の人間関係が原因で『適応障害』と診断されたのですが、私が仕事を辞めていたので夫が無理して仕事に行った結果、うつ病再発。

そして3ヶ月ほど休職したのち退職。

もうすぐ子供が産まれるというのに、どうなるのだ。と、さすがのわたしもけっこう焦りました。

結局、子供が産まれる3ヶ月前くらいに新しい就職先が決まり、いまはなんとかそこで働いてくれています。

 

どう乗り越えたのか

わたしの場合

わたしはうつ病になったことがないので、どれほど苦しいのか辛いのか実際のところはよくわからないのですが、夫の症状を身近で見ていると『外に出るのが辛い』『仕事に行こうとすると息が詰まる』『ベッドから出られない』など、人間が生きていくうえで必然的に行う行動が『できない』ようで、それは生きていくのがしんどいよなぁ、と思っていました。

そんな夫と生活をしていてしんどくないのかと言われれば、そうですね、しんどくないですと言うと嘘になるかもしれません。

ですが、わたしは根っからの楽天的なようで、あまり深刻に考えない性格のおかげで夫に寄り添うことができているのかなと思います。

 

これからのこと

3度もうつ病と戦って、いまはなんとか仕事に行ったり普通の生活を送れている夫ですが、またいつうつ病が再発するのか、可能性はゼロではありません。

いまでも時々、風邪でもないのに身体がダルい・ベッドから出られないといった症状が出るときがあるので、そんな時は無理はさせずにゆっくり休んでもらうようにしています。

はたから見れば甘えだと感じる人もいるかもしれませんが、この辛さはきっと本人にしかわからないのだと思います。

わたしたちが普段あたりまえにできることも、夫からしたらかなりのストレスになっているんですよね。

そんな夫ですが、家にいる時は家事や育児にかなり協力的でとても優しいパパです。

これから先またうつ病が再発しても、きっとわたしは変わらず夫の側に寄り添っていくのだろうなと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

では、また!