猫好き主婦の気ままなブログ

猫と育児とその他いろいろ気になる事を記録します

猫も熱中症になる!予防と対策は?

スポンサードリンク

 

もう7月も後半に突入しているというのに、晴れ間もなくじめじめと蒸し暑い日が続いていますね。

天気予報では来週あたりから夏らしい晴れ間がやってくるそうな。

暑さに強いといわれる猫ちゃんも、さすがにこの蒸し暑さではグッタリです。

これからの時期、猫ちゃんの熱中症に注意しなければいけないので、熱中症になる原因や対策をまとめました。

 

 

猫が熱中症になりやすい条件は?

  • 湿度が高い
  • 気温が高い
  • 日差しが強い

など、お留守番をさせる時の部屋の環境が上記のような条件だと、熱中症になる危険性が高くなります。

特に、猫が好きな高い場所は暖かい空気が溜まりやすかったり、日光が直接入ってくるような部屋は一気に室温が高くなったりするので注意が必要です。

 

熱中症になりやすい猫は?

 肥満気味の猫

脂肪は熱を閉じ込めるため、太り気味の猫は注意が必要です

また、肥満は心臓や呼吸の機能に負担をかけてしまうので、肥満にならないように健康管理に気をつけてあげてください。

子猫や高齢の猫

子猫や高齢の猫は体温調節機能が未熟であったり衰えていたりしてうまくできず、暑さに弱いと考えられます。

鼻の低い猫

ペルシャ猫など、鼻が低い猫は鼻腔が狭いため体温調節が得意ではないようです。

そのため、熱中症になりやすいといえます。

水をあまり飲まない猫

猫によっては普段からあまり水分をとらない子もいます。水分をとらないと脱水や熱中症になりやすくなってしまいます。

 

どんな症状?

猫の熱中症は非常に見分けが難しいようですが、耳が熱くなっていたり呼吸数が多いなどの症状がある時は熱中症を疑います。

他にも吐き気や嘔吐下痢などがあり、重症になるとけいれん意識を失ったり、最悪死亡に至ることもあります。

 

熱中症の対策は?

室内が高温多湿にならないように、室温は24〜25度くらい湿度は50〜60%くらいを維持するのが好ましいです。

数カ所に水飲み場を設けて、水分をいつでも補給できるような環境にしてあげるのも大切です。

また、この時期はペットショップにクールマットなどの冷却グッズが販売されているので、そういったアイテムを使用するのも良いと思います。

 

まとめ

こうしてみてみると、猫が熱中症になる条件は人間が熱中症になる条件とあまり変わらないですね。ですが、人間と違って猫は『暑い』と意思表示できないため、飼い主がしっかり管理してあげないといけません。

熱中症は命に関わることですし、なにより家族の一員である猫ちゃんには快適な環境で過ごしてもらいたいですよね。これからもっともっと暑い時期がやってくるので、室内の環境や猫の健康状態をよく見ておこうと思います!

 

 

最後まで読んで頂いただきありがとうございました!

では、また!