猫好き主婦の気ままなブログ

猫と育児とその他いろいろ気になる事を記録します

吐き戻しの多い息子くんと対処法

スポンサードリンク

新生児の頃から吐き戻しが多い息子くん

ちょびっと吐く時もあれば
豪快にぐわあっと吐く時もあり…
 
盛大に吐かれると服もびしゃびしゃになるし
洗濯物増えるし
何か異常があるんじゃないかって
不安になりますよね・・・
 
そんな赤ちゃんの吐き戻し
について原因や対処法などをまとめてみました
 

赤ちゃんは吐きやすい

大人と違って、赤ちゃんの胃はストンとした

とっくりのような形をしていて、

入り口のしまりもゆるやかです

 

また、満腹感を感じる働きがまだ未発達なので

飲む量を調節できず飲みすぎてしまいがちです

 

そのため、げっぷをした時や

授乳後に体を動かした時などに

はずみで吐いてしまうことがよくあります

 

母乳やミルクの吐き戻しはいつまで?

 赤ちゃんが授乳後には吐き戻すのは、

おもに低月齢がほとんどです

月齢があがるにつれて胃のつくりもしっかりしてくるため

だんだん吐き戻すこともなくなってくるでしょう

 

だいたい3ヶ月を過ぎる頃にはだんだんと収まりますが

個人差がありますので、1歳くらいまで続くケースもあるようです

 

3ヶ月半のうちの息子も、いまだに授乳後げっぷをする時

かなりの高確率で口からミルクがタラ〜っと

たれてきます(汗)

 

吐き戻しを減らすためにできること

・飲んだ後はしばらく縦抱きにする 

ミルクや母乳を飲み終えてゲップを出させたら

すぐに横にせずしばらく縦抱きをします

吐いた時にミルクが気管に入るのを防ぐこともできます

 

わたしはいまでも飲んだ後はだいたい10〜15分ほど

縦抱きをしています

 

・ゲップをこまめに出す

飲むのがまだ上手ではない赤ちゃんは、空気をたくさん飲んでしまい

ゲップと一緒に吐き戻してしまうことがあります

わたしは母乳をあげる時、片方飲んだら一度ゲップを出してから

もう片方飲ませるようにしています

 

・飲む量を調整する

ミルクや母乳を飲みすぎて吐く場合は、飲む量を調整します

わたしの場合は、片方10分ずつあげていたところを

片方7分ずつにすることで、吐く頻度が減りました

現在は飲む力が強くなり、片方5分ずつで落ち着いています

 

吐いた時の対処法

・汚れた服などはなるべくすぐに洗う

赤ちゃんの吐き戻しの汚れは、時間が経てば経つほど

落ちにくくなり、シミになってしまいます

また、独特なニオイも残ってしまうので汚れた部分はすぐに

洗い落とすことをおすすめします!

 

・ぬるま湯につけてこすり洗い

母乳やミルクには脂質が含まれているため

冷たい水よりも人肌くらいに暖かいお湯のほうが

落ちやすいです

 

・厚手のバスタオルを敷く

赤ちゃんを寝かせる時に厚手のバスタオルを敷いておけば

吐いた時にシーツが汚れずにすみます

また、バスタオルの下にレジャーシートを敷いておくと

より安心です!

 

心配な時はかかりつけに相談を!

赤ちゃんが吐き戻した後にご機嫌だったり、

体重が順調に増えていればママが心配するようなことはない

らしいのですが、

 

吐き戻しの原因には病気やアレルギーなどが

関係していることもあるらしいので

心配なときはかかりつけのお医者さんに

相談することをおすすめします!

 

まとめ

授乳期間中は吐き戻しで不安になるママも多いと思います

特に、わたしのように初めての育児の場合は

心配や不安なことがたくさんありますよね・・・

 

でも、まずは焦らず冷静に赤ちゃんの体調をチェックして

健やかな成長を見守る為にもしっかりと知識を

身につけていきたいと思います!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ではまた!