猫好き主婦の気ままなブログ

猫と育児とその他いろいろ気になる事を記録します

妊娠するまでにやった5つのこと

スポンサードリンク

妊活と不妊治療を始めて5年6ヶ月でようやく授かった命ですが、妊活5年の間全くダメで不妊治療で病院へ通ってみたらFSH30前後と卵巣機能が非常に悪く、自然妊娠は無理だと言われていました。

そんなわたしですが、2018年7月

奇跡的に自然妊娠することができました。

体外受精をするしかないと夫婦で話し合い、ボーナスが出たらステップアップしようと決めた矢先の出来事でした。


妊娠は奇跡なんだとつくづく思い知らされた反面、自然妊娠は難しいと言われた数値でどうして授かることができたのか振り返ってみました。

ネットで検索しては色んなことを試していたので、不妊に良いとされることは手当たり次第やっていたのですが、ひとまず長く続けていたことと妊娠した時の直前にやっていたことを5つにまとめました。

ルイボスティー

妊活している方なら
多分みんな知っている&実践しているのではないでしょうか。

原産地では『不老長寿のお茶』とも言われているルイボスティーは、卵子の老化を早める活性酸素を除去するため妊娠したい女性には適しているらしいです。

 水出しで作って職場に持っていったりとにかく水分補給はルイボスティー飲んでました!

 

葉酸

これは妊娠初期に摂取したほうがいい栄養素ですが、妊活に効果はあるのかな…?と、思いつつも、妊娠に備えた身体作りも大切だと考えてサプリメントで摂取していました。

 妊娠初期の数週間で胎児の神経管が形成されるのですが、その時に母体が摂取する葉酸の量が重要な鍵を握っていると考えられているそうです。

 

ビタミンC&Dを摂取する

こちらは不妊治療専門の先生が教えてくれたので

言われるがままに実践しました(笑)

ビタミンはサプリメントで摂取していました。先生いわく、『食事からだけでは足りない栄養素はサプリメントで摂取することも大切』とのことです。

 

たんぱく質を摂取する

ことらも、不妊治療に通っていた病院の先生に勧められたので言われるがまま実行していました。たんぱく質は、プロテインバーを毎日1本おやつとして食べてました。

(仕事帰りとか小腹空いた時に食べるのが美味しかった!!)

栄養素をしっかり摂取することは妊娠する為の身体作りにとても大切なことなのだそうです!

 

仕事を辞める

実はこれが一番大きかったのでは?と思っています。まず、家にいることが多くなり、この頃に新しく家族になった猫ちゃんとしょっちゅう戯れていてのでかなりリラックスできていたと思います。

仕事でのストレスもなくなり慢性的な肩こりや頭痛も良くなりました!!やっぱり、ストレスって本当に体に良くないんでしょうね...。

 

以上が、私が妊娠した周期に実践していたことです。

(これを実践すれば妊娠できるとは限りませんが...)

 

まとめ

まさか体外受精をする前に妊娠できるとは正直思っていなかったので本当に驚きましたが、諦めなくて良かったと心からそう思います!

不妊治療をしている間本当に辛くて辛くて、ひたすらネットで検索したり…他人の妊娠・出産報告で勝手に傷ついたり…そしてそんな自分に自己嫌悪に陥る。


これは経験した人にしかわからない苦しみですよね。わたしが妊娠できたからと、妊娠を望んでいるすべての人にむやみに希望を与えるのも違うとは思いますが

 

いま、妊娠できずに苦しんでいる人達のところへ
少しでも早くコウノトリが訪れますように…

 

心からそう願っています。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また!